このサイトについて

若者の国内志向が止まらない中、老人こそ海外であばれよう。アジア、南米を経て、ニューヨークへ。67才。はて、これから何が。