アルバニア・ドュレスへ、イタリア半島へ

12月4日にバスでポドゴリツァを発ちアルバニアのドゥラスに行き、そのまま夜8時発のフェリーに乗る。アルバニアは共産圏時代、鎖国状態で中がよくわからなかった国だ。大いに異国情緒をそそられたが、特に変わった感じはしなかった。イスラム教徒が多数派だ。しかし信仰は世俗的とのことで、モスクもさほど多くは見なかった。

港町ドゥラスには暗くなってから着いた。なかなか活気ある街で、カフェやレストランの雰囲気も洗練されている。遠い国に居るとあまり気づかないが、バルカン半島とイタリア半島との距離が最も狭まるのは、このアルバニア付近だ。だから、ドゥラスからバーリ、アンコナ、トリエステ、ブロラからブリンディジなどイタリア側への船が頻繁に出ている。だから「西側」イタリアの文化的影響を受けて洗練されているのだ、と思った。(実際にイタリア側のバーリに着くと、ドゥラスほどは洗練されていない地方都市だったが。)

午後8時に大型フェリーが出発した。船室ベッド予約なしの最安クラスだ。席の取り合いになるかと緊張して乗ったが、がらがらだった。一般座席の9割は空いている。悠々と横になって快眠できた。これもシーズンオフ時の旅のメリットだ。

これまでもバスや宿はがらがらだった。バスは半分乗ればいい方。大体3分の1以下の乗車率で、隣に別の客が座ったことはなかった。宿も共同トイレ・シャワーがほぼ自分専用になった。退職ひま老人が便益を享受して申し訳ない。いや、閑散期に旅行して観光ビジネスを助けている、と考えよう。

右手にシュコダル湖を見ながら南下。シュコダル湖はバルカン半島最大の湖。
シュコダル湖はアルバニア側に続いている。三分の二がモンテネグロ側、三分の一がアルバニア側。
アルバニアに入った。街にトルコ風の時計塔が見える。モスクも時々見るが、さほど多くはない。

アルバニアは山がちな国だが、土地の20%が農地で、農業生産もGDPの20%を占める。

アルバニア北部の主要都市シュコドラ(人口10万)。シュコダル湖に面する。

同市中心のロータリー交差点。       
シュコダルの中心にある主要モスク「アブー・バクル・モスク」。オットーマン帝国時代からのモスクが共産主義政権下で取り壊され、20世紀末に近代的なスタイルで新しく建設された。ムハンマドの跡を継いだ初代カリフ、アブー・バクル(572-634)の名で呼ばれる。宗教が抑圧された共産主義時代の影響で、今でもアルバニアの宗教は世俗的だとされる。
キリスト教の教会もある。アルバニアの宗教構成は公式にはイスラム教70%、アルバニア正教会20%、カトリック10%となっているが、実際には7割が信仰する宗教がないという調査も出ている。
紅葉が美しい。やはり南に来た。

ドゥラスに着いた。人口20万でアルバニア第二の都市。写真はバス発着場前のメイン通りのアドリア通り。ドゥラスは、長距離バス発着場、鉄道駅、フェリー乗り場がすべて隣接しているので便利だ。
大きなショッピングモール「フラッグシップ・センター」。
バーリ行きのフェリー「アドリア号」に乗り込んだ。写真は波止場で隣に並んでいた船だが、同規模の船。
船室ベッドを予約していなかったが、船内はがらがらで、横になって寝られた。
朝が来た。フェリーは、旅客とともに貨物も車両ごと載せられるRO-RO船。大型トレーラーも多数載せている。
バーリ港に入った。
アドリア号から降りる。トレーラーも次々に出てくる。