アメリカ+全体目次

さらば、ニューヨーク

雨の日曜日、近くのコイン・ラウンドリーに行ったら空いていた。 ...
続き

人間にとっての社会科学

プラットフォーム経済 例えば、現在の社会が「プラットフォーム ...
続き

AIが人の論文を査読する未来

査読の功罪について様々な議論があり、またネット時代の新 ...
続き

学界のハゲタカ学術ジャーナル需要

略奪的学術誌の登場 どんな論文でも掲載料を払って載せてくれる ...
続き

発表後査読の可能性

「査読」と「ピアレビュー」 英語の「ピアレビュー」(peer ...
続き

学術論文のオープンアクセス

目次
  1. オープンアクセスの誕生
  2. 政府 ...
    続き

君はゴーファーを知っているか

インターネットとはフェイスブックのこと 多くの途上国では、@ ...
続き

メガジャーナル:学術誌もネットに埋もれる

メガジャーナルの台頭 年間何千、何万という膨大な数の論文をオ ...
続き

ニューヨークも晩秋11月

日本の皆様、11月になってきましたが、お元気ですか。ニューヨ ...
続き

経団連会長室にパソコンが入った

経団連会長室にこれまでパソコンがなく、中西宏明氏の就任で初め ...
続き

「学者」は差別用語か

いや、「学者」は差別用語ではないでしょう。むしろ、敬いの気持 ...
続き

社会的プロセスとしての社会科学

創発し自己組織化していく複雑系の自己認識 社会科学は、自然科 ...
続き

ウェブ検索の方がいい論文が見つかる

前にも書いたが、米国では公共図書館のネット上で最大で1 ...
続き

JR時刻表からフライト予約サイトの時代へ

常々思うのだが、旅客機が音速の3倍で飛ぶより、飛行機代が3分 ...
続き

NYからヨーロッパまで96ドル

ヨーロッパまでの航空券を買った。110ドルだった。ニューヨー ...
続き

ナイアガラの滝に行ってきた

「世界中の人が一度は訪れたいと思う景勝地」 同じニューヨーク ...
続き

本とは何か -ネットに本が埋もれる

電子書籍の作り方を解説した米国のサイトで、一番簡単なe-bo ...
続き

市場からインターネット経済へ

市場(いちば)は面白い。どの国に行っても市場はある。南米でも ...
続き

市場と市民社会 ―エコシステムから見る

エコシステムから市場へ 自己制御機構をもつシステムの原型がエ ...
続き

フィリピン旅のメモ

事情でマニラからセブを3回往復した。3回目の往路は島伝いに陸 ...
続き

マニラ・空港バスの怪

世界最悪の空港? マニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)は20 ...
続き

マヨン火山がよく見える場所(レガスピ近辺)

フィリピン・ルソン島南部のマヨン火山。カグサワ教会跡から。 ...
続き

ジプニー賛歌

なんでこんな便利な乗り物が日本にはないのだろう、とジプニーに ...
続き

マニラ断章

マニラ中心部。 フィリピンの下町に薬屋が来た マニラ空港第1 ...
続き

セブ島で優雅な暮らし

セブの海(オランゴ島)。 セブで入った高級リゾートマンション ...
続き

ニューヨークから日本への安便 ―アジアまで足を伸ばせ

ニューヨークがあまりに暑いので、涼しいと言われた日本に脱出し ...
続き

ニューアーク空港からマンハッタンまで最安4ドル35

ニューヨークの代表的3空港の一つ、ニューアーク空港に安く行く ...
続き

続・ストリートバスケ名所 ―独立記念日にラッカーパークなど

7月4日、独立記念日。きょうもアパートに居ると暑いので、とに ...
続き

ニューヨーク熱暑、バスケ名所まわり

殺人! 灼熱の太陽の下、歩道を歩いていると、スーパーから出て ...
続き

虫とのたたかい

昨夜食べた即席ラーメンのどんぶりをテーブルの上に置いていたら ...
続き

夢を求めてミャンマーから移民

ミャンマーからの移民、ヘンリー・リャオさん。ニューヨーク・ブ ...
続き

ライブラリアンは不要に?

ライブラリアンは過去の遺物? 「グーグル時代にライブラリアン ...
続き

年50ドルで日本からもアメリカの電子図書館が使える(クィーンズ区公共図書館)

アメリカの公共図書館では、新聞・雑誌記事データベース、電子書 ...
続き

口をあんぐりと開けて見ている:米朝会談

言葉が出てこない。ここ1カ月の北朝鮮の様変わり。2018年が ...
続き

イチローは引退するのか

75歳引退? イチローは75歳まで大リーグでプレーするという ...
続き

新著『標準的南米旅行』を出版しました

このほど、新著『標準的南米旅行』を、アマゾン電子本で出版しま ...
続き

YMCA

西城秀樹さんが亡くなられた。ご冥福をお祈りする。 こんな時に ...
続き

緑への感動

深く鮮やかな緑を見たとき、私たちの身体の中に起こるこの衝撃は ...
続き

ブルックリン・サンセット公園からのニューヨーク高層ビル街

ブルックリンの「隠された宝石」(秘宝)と言われるサンセットパ ...
続き

ニューヨークにも青葉の季節が来た ―「葉桜」を求めて近所を散歩

目に青葉、芝むこう摩天楼で、初スイカ なんちゃって。 皆さま ...
続き

ニューヨーク市内からJFK空港まで最安300円

  • 「地下鉄+エアトレイン」(7ドル75)が ...
    続き

ニューヨークもついに桜が満開

きょうの土曜日(4月21日)、いよいよ桜が満開になってきたよ ...
続き

NY図書館:e-book借り方解説  -日本から使えそうな米図書館も

ニューヨーク市に住む人は、図書館ネットを通じて約30万冊のe ...
続き

公共図書館でe-book提供 ―全米9割以上の図書館 ―印刷本より多いことも

アメリカの公共図書館の94%がe-bookを提供 アメリカで ...
続き

ニューヨークも桜が開花

きょう(4月12日)、ブルックリンの中華街でソメイヨシノと思 ...
続き

ニューヨーク公共図書館はNPO ―アメリカの図書館史を探る

ニューヨーク市民の誇り、知の象徴 これは図書館か。アメリカの ...
続き

アメリカの公共図書館概観

全米に1万6000の公共図書館(施設数) アメリカ図書館協会 ...
続き

変われない伝統は伝統になれない

「女性は土俵から降りて -人命救助活動に女人禁制で」のニュー ...
続き

「自費出版」でなくて「インディー出版」 -電子出版時代にISBN無用論も

「自費」なし インディー出版とは、要するに、ライターが個人で ...
続き

米国ではe-book販売が頭打ちになったのでは?

前回記事で、米電子出版市場が依然拡大基調にあると ...
続き

米出版書籍の4割がe-book、その半分がインディー出版 ―依然、市場拡大か 

米国の出版統計は不完全だ。特に電子書籍(e-book)の時代 ...
続き

雪の公園に出てくるリスは、どこに寝ているのか(NY)

公園にはリスが居ます。 あちこちを走り回ります。 走ったかと ...
続き

ニューヨークでも15万人の銃規制デモ

3月24日(土)、ワシントンDCはじめ全米800都市で銃規制 ...
続き

印刷本は3D情報空間だ

印刷本を手にする感覚 一昨年のこと、共に90才台の父母が、以 ...
続き

州民だれでもどこからでも記事データベースにアクセス

NOVELny:州全体をカバーする電子図書館 ニューヨーク州 ...
続き

ニューヨーク電子図書館の使い方 ―雑誌・新聞記事データベース他

ニューヨーク公共図書館。米国公共図書館の象徴。マンハッタン5 ...
続き

映画ざんまい ー「シェルブールの雨傘」「雨月物語」「東京物語」「サーミの血」他、図書館のKanopy通じて

最近風邪を引き、家で映画を見る他なくなった。体調が悪いと気合 ...
続き

イチ、首位打者とマリナーズ優勝だ ―イチローと年齢差別禁止法

イチローのマリナーズ復帰が決まった。おめでとう。 長らく、彼 ...
続き

2月に26度、観測史上最高

きょう(2月21日)のニューヨークは24°C。調べなくても、 ...
続き

移民の増大と犯罪減少

10年で1000万人の移民が入る アメリカでは1960年代ま ...
続き

犯罪減少の原因:団塊世代の高齢化

ニューヨーク市の1970年代以降(明確には90年代以降)の長 ...
続き

クラック禍はなぜ収まったか

前稿の最後で述べた通り、ニューヨークの犯罪は19 ...
続き

ニューヨークの犯罪減少:警察力だけではなかった

マンハッタンが凶悪犯の刑務所に あなたは「ニューヨークからの ...
続き

ニューヨークはなぜ安全になったか ―警察の役割

公園にパトカーが来る 夜、公園をジョッギングしていると、後ろ ...
続き

3度だった

夜、ジョッギングに出かけるとき、ウェブで外気温を見てびっくり ...
続き

体感-22度、夜の公園を走る

ただいま1月6日夜10時、気温-13度(摂氏)。風速20km ...
続き

秋から冬へ、厳寒、そしてバスケ ―公園内屋内施設の使い方も

夏の冷房が必ずしも充分でないニューヨークの宿で耐えに耐え、つ ...
続き

ニューヨーク、ただいま大吹雪中

1月4日、ニューヨークが大吹雪だ。 ニューヨーク市ブルックリ ...
続き

AI時代の人の心得

10~20年で半分の職がなくなる AIとロボットが今後人間の ...
続き

私は哲学的ゾンビだ ―チャーマーズの意識理論に寄せて

私は哲学的ゾンビだ。そう言ってもチャーマーズさんは否定できな ...
続き

「人工意識は可能だ」 ―マイケル・グラジアノ、前野隆司の脳科学理論を探る(長文注意)

宇宙論、生命の起源、脳科学。この三つは、専門でなくとも(おま ...
続き

公園のそばに住むということ

想えば私は、常に公園のそばに住んできた。12月の寒い曇り日、 ...
続き

東アジアの新大陸 ―DeepMindの人工知能開発と多民族社会

移民の流入、多民族社会…これらは、某国大統領を例に出すまでも ...
続き

ニューヨーク地の果て -ロングアイランド東端モントークへ

ニューヨークから東に延びるロングアイランドの東端にある町モン ...
続き

深夜のニューヨーク地下鉄

深夜(午前0時過ぎ)にニューヨークの地下鉄に乗ったらどうなる ...
続き

経由地・北京のプチ観光 ー路線バスで安く街に出る方法

アメリカから日本に帰るとき、安便を使うと中国経由になることが ...
続き

緊急帰国 -帰国した方が安い歯科治療、実質ただの飛行機代

歯が痛くなり緊急帰国した。アメリカで歯科は通常、保険が効かず ...
続き

吉良上野介をしのぶ

ニューヨークからさほど近いというわけではないが、忠臣蔵の吉良 ...
続き

使い過ぎに注意!アメリカのデビットカード -自動貸越で高額の「手数料」

デビットカードとは アメリカに長期滞在する人は、米銀とつなが ...
続き

テロがあった日

ニューヨークで小型トラック暴走によるテロがあった10月31日 ...
続き

どうなってる、ニューヨークの自治体制度

ニューヨーク市には「区」が5つあるが… アメリカ ...
続き

紅葉のニューイングランド(ボストン散歩)

10月18日(水)、ニューヨークから日帰りでボストンに行った ...
続き

公園バスケ:アメリカで友だちをつくるに最良

あなたがもしバスケットボールをする人なら、アメリカで友だちを ...
続き

アメリカのスポーツ

庶民の間ではバスケが最も盛ん 近くの公園に必ずと言っていいほ ...
続き

NY-フィラデルフィア、往復15ドル

フィラデルフィア中心部の街並み。人口160万。全米第6の街。 ...
続き

なぜ生命が生まれたか:生命を物理で解明する新理論(長文注意)

ジェレミー・イングランド この7月、科学ウェブサイトQuan ...
続き

英語の「体質」:口語がまるで別言語

「ガナ」とは何か 初めてアメリカに来た頃(1970年代だ)、 ...
続き

市全域に無料ワイファイ(LinkNYC)で、人の行動は

ニューヨークの街に現れたLinkNYCのキオスク。1ギガの高 ...
続き

アストリアからマンハッタン、自転車ツアーの野次馬

きょうの日曜日、いい天気だ。こんな日に家に閉じこもってはいら ...
続き

私の携帯代は月400円(ニューヨークで)

私は月々の携帯料金を約400円で済ませている。日本では月々の ...
続き

高層ビル街とサタデー・ナイト・フィーバー

ブルックリンのサンセットパークから見たマンハッタンの高層ビル ...
続き

アメリカで長江文明を考える

ブルックリンのチャイナタウン。 私がよく行く中国系の食堂では ...
続き

遠い世界に旅立つ

木々の緑と光が美しい。(近くのサンセット公園で) 朝一番のメ ...
続き

人工知能は人類を絶滅させるか

AI(人工知能)研究者のトビー・ウォッシュが、AIの危険性に ...
続き

日食と移民社会

8月21日午後、北向きの窓の外光が少し弱くなったように感じた ...
続き

隣人の巣立ち

隣に、アジア(ミャンマー)からの貧しい移民の家族が住んでいる ...
続き

アマゾンに応募

アメリカの公園には必ずバスケットボール・コートが2~3面あっ ...
続き

スイカの食べ方

アメリカのスイカは巨大で、日本のスイカの2倍はある。そして安 ...
続き

ブルックリンの中古品店

最近うれしいことがあった。比較的近いところに正統派の中古品店 ...
続き

メトロポリタン美術館

NYメトロポリタン美術館は、大英博物館、ルーブル博物館となら ...
続き

67才就活

アパート探しが第1の課題だったが、一応これをやり遂げた後、次 ...
続き

ニューヨークの夏を耐える

「お父さん、この暑さの中で大丈夫か。」 7月20日、同じニュ ...
続き

自転車:サンセットパークからレゴパークへ

私の息子夫婦がクイーンズのレゴ・パークに住んでいる。きょうは ...
続き

外国人サンクチュアリー宣言と市発行IDカード

地域の図書館に置いてあるパンフで、ニューヨークには市発行の身 ...
続き

1967年ニューアークの反乱

クレジットカードの旅行保険が切れたので、自転車に乗るのは控え ...
続き

自転車:マンハッタンからブロンクスへ

なぜか最近観光づいている。昨日(7月9日、土曜)はマンハッタ ...
続き

自転車:ハドソン河岸北上、ブロードウェイ下る

7月8日(土)は、正午発。ブルックリン橋を渡ってマンハッタン ...
続き

自転車でニューヨーク征服へ

今、自転車でニューヨーク征服に挑戦している。自転車は自由でか ...
続き

自分がここに存在する証明

変な話だが、今私が必死になっているのは、私が確かにここに存在 ...
続き

自転車でマンハッタンへ

マンハッタンは混雑しているがバイクレーンが比較的整備されてい ...
続き

アメリカの高齢者医療

国外で生活・仕事していた人が、高齢になって母国に帰りたいと思 ...
続き

不思議な体験

ここの中国は不思議だ。ある程度英語が通じる。これまでとまった ...
続き

ニューヨークは意外と安全

おい、おい、ここはアメリカだよ、ニューヨークだよ。
そ ...
続き

アパート探しの苦労

ニューヨークに行ったらチャイナタウンや中南米系の街をしらみつ ...
続き

チャイナタウン安宿情報

ニューヨークの安宿情報 短期旅行者のために、ニュ ...
続き

ニューヨークの空の下

小さな窓の上の方に、ニューヨークの寒空が望める。私の入った安 ...
続き

多民族都市ニューヨーク

ずいぶん久しぶりにニューヨーク(アメリカ)に来た。入国審査で ...
続き

———————-

サイトマップ

プライバシーポリシー

About This Site:

About

若者の国内志向が止まらない中、老人こそ海外へ。アジア、南米を経て、ニューヨーク。68才。はて、これから何が。Created by Kazuaki (Aki) Okabe.